婦人

いくつになっても似合うロングドレスを見つけよう

適切なお手入れを

レディ

洗濯や保管のポイント

ロングのキャバドレスは、きちんとした方法でお手入れしなければしわや汚れなどが発生しやすくなってしまいます。キャバドレスはコサージュやレース、スパンコールなどお手入れに気を使うパーツが多いため、適切なお手入れ方法を知らねばなりません。ロングの場合、布の面積が多い分汚れやしわもつきやすく、より繊細なお手入れが必要とされます。キャバドレスのお手入れは、洗濯表示によります。基本的に、洗濯機でバシャバシャ洗うのは難しいことが多いため、クリーニングするのがおすすめです。しかし、複雑で細かいパーツが多いため、クリーニングは高額になりがちで、毎回だとかなりの負担になります。節約したいのならば、ある程度は自宅で洗うとよいでしょう。ドライマークや手荒いマークがついているものは、手洗いか洗濯機のドライコースやおしゃれ着コースなどで洗うことが可能です。繊細な飾りがついている場合は、できるだけ手洗いしましょう。コサージュなどの取り外せるものはあらかじめ取り外しておき、目立つ汚れがあれば染み抜きなどの事前処理をしておきます。ぬるま湯におしゃれ着用の洗剤を溶かしたら全体をひたし、優しく押し洗いします。ゴシゴシこすらなくても大丈夫です。何回か押し洗いし、すすいだらネットに入れて脱水します。脱水したら、できたら平干しで干します。ロングのキャバドレスは、ハンガーにかけるとのびてしまうことがあるので平干しが望ましいです。ロングドレスは地面についてしまって汚れてしまうこともあるため、地面につかないようにしましょう。保管は直射日光や高温多湿をさけてかけた状態で干しておきましょう。