女の人

いくつになっても似合うロングドレスを見つけよう

レディ

適切なお手入れを

繊細なキャバドレスは、洗濯の際の細心の注意を払わなければなりません。特に、ロングドレスの場合は優しく洗う必要があります。クリーニングに出しても良いですが、毎回では費用が掛かるので、自宅での洗い方をマスターしましょう。ロングドレスは生地が伸びやすいので、干す際にも平干しにするなど注意しましょう。

女の人

脚長効果が得られる

キャバクラで履くキャバサンダルは、高いヒールのもので脚長効果があるものがおすすめです。特に華奢なピンヒールがドレスとぴったり合います。薄暗い店内で映えるように、きらきらしたデザインを選び、何色か用意しておくと良いでしょう。

婦人

可愛らしさを強調できる

背の低い人でも似合うミニドレスは、着ることによって可愛らしさを強調してくれるという効果が得られます。また、セクシーさや若さをアピールすることもできるのです。選ぶときには、本人の体型や雰囲気などに合わせて丈とデザインを選ぶのがポイントとなります。

若く見せられる

女性

新郎新婦の母親は、結婚式の際、留袖を着ることが多いです。しかし、最近はロングドレスを着る母親が増えています。留袖は、金色の刺繍が施された黒色の和服ですが、実年齢よりも年配に見える傾向があり、アンチエイジングが流行している最近、好まれなくなってきています。これに対して、おしゃれなロングドレスは若々しく見せてくれる効果があり、多くの母親がロングドレスを選ぶようになってきました。ロングドレスは、体型カバーもできるので、母親世代に人気があります。 結婚式で母親が着るロングドレスは、黒色がほとんどです。濃紺などでも問題ありませんが、全体的にダークカラーが選ばれています。純白のウエディングドレスを着る花嫁を引き立てるためにも、ダークカラーのドレスが好ましいでしょう。 一般のお客さんはロングドレスではなく、ひざ丈のワンピースを選ぶことが多いため、留袖を着ないのであれば、母親はロング丈を選ぶことが大切です。他と差別化を図り、母親であることを明らかにするようにしましょう。 ロングドレスのレンタルサービスもありますが、一着持っておくと、兄弟の結婚式でも着ていけるので、経済的です。ロングドレスは、留袖と異なり、一着数万円で購入できるので、お得に結婚準備ができます。こうした点も、ロングドレスが選ばれる理由になっています。また、ロングドレスは、結婚式のときだけでなく、成人式の家族写真を撮影するときなど、別の機会に着ることもできます。活用方法が多いので、無駄になる心配がないのも魅力です。